胃腸科

胃腸科では胃と大腸の疾患を中心に診断と治療を行ないます。
腹痛や嘔吐、下痢、便秘などの胃や腸などで症状が気になる際には、お気軽にご相談ください。
必要であれば胃カメラや大腸カメラなどの検査を行い診断と治療にあたります。

 主な症状・対象疾患

以下のような症状はご相談ください
・お腹の調子が悪い          ・便秘がちである
・胃が痛む              ・下痢を繰り返す
・胸やけがする            ・血便がでた
・胃もたれがする           ・急に体重が減った
・吐き気がする            ・健診で胃や腸の指摘をうけた
・食欲がない
                              など

◆主な対象疾患 
逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ感染症
胃がん、胃ポリープ、感染性胃腸炎、
大腸がん、大腸ポリープ、便秘症、下痢症 過敏性腸症候群、
総胆管結石、胆管炎、胆石症 

 検査・治療について

以下の検査を主に行っております。

◆内視鏡検査
・上部内視鏡検査(GTF)
・全大腸内視鏡検査(TCF)
・S状結腸内視鏡検査(SF)
・内視鏡的逆行性胆道膵造影(ERCP)

◆内視鏡的治療
・上部・下部消化管出血に対する止血術
・内視鏡的ポリープ切除術・内視鏡的粘膜切除術(EMR)
・乳頭切開術(EST)または乳頭拡張術による内視鏡的総胆管結石除去術
                           など

 

 検査当日の流れ

胃内視鏡検査をご希望の方へ ⇒ 
※当院では口から挿入する経口内視鏡検査、鼻から挿入する経鼻内視鏡検査とも対応しております。相談の上選択することができます。
大腸内視鏡検査をご希望の方へ ⇒ 
※ポリープを内視鏡的切除した場合一泊入院となります。